20倍界王拳を使いこなせない悟空が戦闘力300万もあるわけがない

戦闘力
引用元 ドラゴンボール 集英社

ナメック星編のクライマックスといえば、悟空とフリーザのタイマンバトルですよね。
悟空が遅れて参戦するというお約束パターンでありながら、当時リアルタイムでジャンプを読んでいた世代は、いよいよ悟空とフリーザが戦うというシチュエーションにわくわくしたものです。

そしていざ戦闘が始まったら、これがまた熱い展開なんですよね。
最初こそフリーザ最終形態に対して互角の戦いを繰り広げていた悟空でしたが、力を隠していたフリーザにまったく歯が立たず一気に窮地に追い込まれてしまいます。
しかも頼みの綱の界王拳もすでに10倍まで使用している状態でです。

引用元 ドラゴンボール 集英社

ベジータ戦の時も限界を超えた界王拳を使用していましたが、一時的にベジータの戦闘力を上回り、戦いを優位に進めることができました。
しかしフリーザ相手には一か八かの20倍界王拳もほとんどダメージを与えることができませんでした。
当時のキッズたちに、これほどまでに読者に絶望感を与えたシーンはなかったんじゃないでしょうか?

引用元 ドラゴンボール 集英社

さて、そんなフリーザ相手に使用した界王拳、使用状態の悟空の戦闘力はいくつだったのでしょうか?
またこの時の界王拳を使っていない素の状態の悟空の戦闘力はいくつだったのでしょうか?
この疑問に対するドラゴンボール大全集などの公式ファンブックでは、悟空の戦闘力は300万、界王拳20倍だと6,000万になるそうです。

素の悟空の戦闘力が300万なら20倍界王拳で6,000万でもおかしくないわけですが、常識的な思考を持っている読者の方なら300万なんていう数字がどこから出てきたのか?と疑問に思われていると思います。
これはピッコロの戦闘力が100万、ベジータの戦闘力がそれを超える200万としてしまったことから、どんぶり勘定的に主人公である悟空の素の戦闘力はそれをさらに超える300万くらいでないとかっこつかないだろうというどんぶり勘定で決められたのだと思われます。
この到底考察とはいえないような思考がすべての元凶であり、ドラゴンボールの戦闘力という概念をぶち壊してしまいました。

このことについては、以下のブログ記事でもこのどんぶり勘定思考の誤りを指摘し、様々な矛盾点、謎を論理的に解き明かしていますの興味のある方はご一読ください。

ナメック星編の戦闘力の謎を論理的に解き明かす!フリーザはずっと手加減していた!

300倍の重力で必死に修業をするベジータの戦闘力はどれくらい?

さて、この記事では上記の「フリーザ手加減説」に関して別の視点から語りたいと思います。
すなわちこの時の悟空の素の戦闘力が300万などという数字では絶対にありえないということを証明したいと思います。
実はこれは非常にシンプルなことで悟空の素の戦闘力が300万になったのなら、界王拳の安全に使用できる倍率が10倍のままなわけがないという事です。
そもそもの界王拳の仕組みとして界王様は悟空に対して以下の説明をしています。

引用元 ドラゴンボール 集英社

界王星で修業を終えた時点の悟空の界王拳の限界倍率は2倍であり、それを超える倍率はこの時点の悟空には使いこなせないという事です。
その後、悟空は100倍重力で修業をすることにより基礎戦闘力が9万まで上昇しました。
この時の悟空の界王拳の限界倍率は悟空の体感で10倍とのことです。
つまり界王拳の限界倍率は戦闘力に比例して上がるということになります。

引用元 ドラゴンボール 集英社

戦闘力8,000の時の悟空の界王拳の安全に使用できる倍率は2倍でしたが、戦闘力9万になった時には10倍の界王拳にも耐えることができるようになっていました。
つまり、戦闘力が10倍になると使える界王拳の倍率は5倍になるという仮説がたてられます。
この仮説を基にすると300万になった悟空は、単純計算ではありますが、80倍くらいの界王拳に耐えられることになります。
少なくとも戦闘力が300万になったにも関わらず、界王拳の安全に使用できる倍率は都合よく10倍のままで、20倍の界王拳は負担が大きいなどと言うのは、普通に考えてありえないということが分かります。
こんな簡単なことに気づけないのは、戦闘力300万という数字ありきで考えてしまっているからに他なりません。

そもそも、悟空の戦闘力はメディカルマシーンで死にかけパワーアップをする前は9万でした。
それが一度死にかけパワーアップをするだけで30倍以上になったことになってしまいます。
これでは、悟空の100倍重力修行で何度も死にかけパワーアップをして、ようやく9万になったのが馬鹿らしくなってしまいますね。

以上の理由から、この時の悟空の戦闘力300万というのはありえないというのが結論となります。

コメント